スポンサーサイト

2014.03.06 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    バッティング大辞典と少年野球バッティング練習方法

    2014.03.06 Thursday

    0


      バッティング指導の現場では、いまだに時代遅れの練習法を取り入れている指導者がかなりいるのが現状で、例えば、ボールを「上から叩け」と指導してできるだけダウンスイングをさせるのも、現代のバッティング理論では、ほぼ完全に否定されています。


      というのも、ダウンスイングだと確かにヒットになる可能性は高くなると思われがちですが、実際にはボールの軌道に合わせるのが難しくなるため、バットをボールにミートさせるのが非常に難しくなってしまうものです。


      こんなやり方を教わっていたら、なかなか上達できずに伸び悩んでしまうのはごく当たり前というわけで、あなたのお子さんがなかなかバッティングがうまくできるようにならないのも、間違った練習法が足を引っ張っている可能性が非常に高いと考えられます。



      若月大さんのバッティング大辞典は、数えきれない人たちのバッティングフォームを分析し、そこから見出された結論をもとにバッティングフォームが構成されていますので、バッティングスキルの高い人しか身に着けられない高度なスイング理論というわけではありません。


      むしろ、これから野球を本格的に始める人でもスムーズに練習に取り組むことができますし、むしろ余計な要素を徹底的に排除してバッティングに必要なエッセンスだけを効率よく吸収していくことができますから、悪いバッティングフォームが身について、上達が遅くなる危険がなくなっていきます。


      若月大さんのバッティング大辞典にあるように、バッティングで守らなければいけない5つのルールを知り、それを練習を通じてしっかりと身に着けていけば、いつでも自信を持ってバットをフルスイングすることができますし、ボール球に安易に手を出してしまうようなことがなくなります。


      あなたも、バッティングがうまくなりたい!という気持ちが1グラムでも残っている限り、バッティング大辞典があれば、

      下のような結果を手に入れることができますよ。


      自分だけのスイングが見つかる

      さく越え連発できるようになる

      勝ちたい試合に勝てる

      150キロの剛速球にも振り遅れることがなくなる




      体力をガンガン吸い取られていくだけではなく、打率を下げるような悪いフォームが身につくリスクのある練習は早めにやめて、

      バッティングの本質だけを手際よく身に着けていき、試合でも練習通りの快音を飛ばせるようになりませんか?





      4打席中1本も打てなければ返金してくれる若月大さんのバッティング大辞典で、「塁に出るのが当たり前」と周囲から期待される選手になるにはこちら









      http://www.caribbeanvivoa.com/saiesiki/
      http://www.financialservicesdir.com/7english/

      スポンサーサイト

      2014.03.06 Thursday

      0
        関連する記事